掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/05/09

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > ここ最近は

ここ最近は

≪ 前へ|休日   記事一覧   いよいよ上棟☆|次へ ≫
カテゴリ:リッツハウジング高槻店ブログ

 店長の川島です。梅雨らしい雨もまだ降っていませんが明日あたりから天気がずっと崩れるみたいですね(*_*;
先日の新潟地震は震度6強でしたが大した被害はなかったようで何よりです。

 ここ最近のわたくしは大学の課題、スクーリング、レポートが始まっており、毎日深夜まで課題に追われている毎日が続いております(;^ω^)





 建築士資格を将来的に取得していれば生かせる道があるということではじめたわけですが、まず通信課程を始めてみて思ったのは、一般の大学に通っていた頃と比べ、予習から自主性の部分が多く占めています。1から10まで教えてはもらえず、1から5くらいは予習して自分で理解しとかなければ置いていきますよというスタイルです。月1しか講義を受けられないので仕方がありません。相談者も少なく、自己管理、スケジューリングできていなければどんどん取り残されていく、履修し忘れ、知らぬ間に単位を落とすなど普通に起こりえるということです。スクーリングなどでその時に知り合った学生とできるだけ情報交換などできる関係を築くことが有効だと思いました。

 つぎに、芸術大学はお金が予想以上にかかるということです(笑)
課題一つを提出するのに、指定の紙を何十枚も買ったり、それを書く道具、作る道具を買い揃え、もう何万円もすぐに飛んでいきます。偉い教授の先生の話によると、卒業制作にかける道具代もろもろで200万円とかいう話もありました。資格取得のためだけに通っている私にとって、芸術という分野に溶け込むまでの余裕はないのですが、お金を払っている分少しでも多く吸収出来たらと思います。

 これは平面図、立面図で先日仕上げたわたくしの作品です。正直作品といっていいのかはわからないです(-_-)









 これはフィッシャー邸という建築家ルイス・カーンの有名な作品らしいですが正直、わたくしめちゃくちゃ下手くそでした(笑)それでも平面図を描くのに10時間、立体模型を作るのにかれこれ20時間以上はかかりました(笑)

なかなか今のところ仕事にすぐ直結することは少なく、時間ばかりを費やしているので精神的にはかなり追い込まれるものがありますが、将来的にセンスという部分を磨ければと思い、なんとか熟していこうと思います。

 通信で学生をされている人は、私のように仕事をしながらであったり、社長さんであったり、もちろん高校を出たての人や、主婦の方などさまざまですが、ひとつ思うのは、向上心が非常に高い方が集まっていると感じます。何かしらしながら兼業で2つ、3つ同時にこなすことは、わたしもかなり大変と実感しておりますが、それでも隙間隙間の時間を使い、目標に向け目の色が変わっている人をみるとこちらもやる気にさされます。

わたしも自分にとことん圧をかけていき、3つ4つとこなしていけるよう頑張りたいと思っています(^-^;




 




≪ 前へ|休日   記事一覧   いよいよ上棟☆|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る