掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/04/14

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 【初めてのマンション投資】利回りに関する二つの計算方法をご紹介

【初めてのマンション投資】利回りに関する二つの計算方法をご紹介

≪ 前へ|いよいよ上棟☆   記事一覧   マイホームを購入者必見!住宅ローン利用の流れとローンの種類について|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

初めてマンションの投資をするにあたって、一体どれくらいの利回りがあって、どれくらいの収益になるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、初めてのマンション投資~利回りの計算方法として、二つの利回りと計算方法をご紹介していきます。

 

初めてのマンション投資:二つの利回り


マンション投資


銀行預金をしていると、ごくたまに利息が数円入金されていることがあります。


2020年現在の銀行預金の利回りは0.01%程度で、根強い人気を誇る国債についても、その利回りは下限の0.05%まで落ち込んでいます。

 

そして、株式投資はといえば、平均利回りは2.0%前後で、1年間に20,000円程度の利益が見込めますが、マイナスとなるリスクもあります。

 

では、不動産の平均利回りはどれくらいかといえば、35%前後です。

 

「どこかの広告ではもっと利回りが高かったぞ!」と思うのは時期尚早で、実はマンションなどの不動産投資における利回りについては、表面利回りと実質利回りの二つが基本となります。

 

おそらく、他界利回りを謳っているのは、表面利回りではないでしょうか。

 

表面利回りについては、ただ漠然と年間の家賃収入を購入金額で割ったものとなり、経費やリスクについては一切触れていないため、高くなりがちです。

 

一方で、実質利回りについては、購入時の経費や、賃貸時の経費なども加味されたものなので、より実際の利回りに近づきます。

 

さらに空き家リスクなどを踏まえたNOI利回りなどもありますが、今回は割愛します。

 

初めてのマンション投資:それぞれの利回りの計算方法


利回り


では、表面利回りと実質利回りについて、実際に計算をしてみましょう。

 

例として、購入金額2,000万円、家賃が毎月7万円の投資用マンションを購入したとしましょう。

 

表面利回りは、「7万円×12ヶ月÷2,000万円×100」となり、「4.2%」となります。

 

ここで、購入時に経費が50万円、毎年の管理費などが10万円経費としてかかっているとしましょう。

 

これらを加味した実質利回りについては、「(7万円×12ヶ月-10万円)÷2,000万円+50万円)×100」となり、「3.6%」にまで下がってしまうのです。

 

まとめ


投資用不動産の利回りについては、表面利回りよりも実質利回りを算出したほうが、よりリアル近い利回りを知ることができます。

 

利回りが高く算出されやすい表面利回りに踊らされてしまうと、利回りがほとんど無い、もしくは損をする状態にもなりかねないため、注意が必要です。


私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、高槻のマンション・不動産情報をご紹介しております。


無料相談・無料査定も行っておりますので、是非お気軽にご相談ください。

≪ 前へ|いよいよ上棟☆   記事一覧   マイホームを購入者必見!住宅ローン利用の流れとローンの種類について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る