高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 注文住宅と建売住宅の違いは?それぞれのメリット・デメリットから解説

注文住宅と建売住宅の違いは?それぞれのメリット・デメリットから解説

≪ 前へ|リノベーション済みマンションを検討中の人必見!メリット・デメリットを解説   記事一覧   ベッドタウン茨木市の住みやすさは?駅周辺の治安や利便性を解説|次へ ≫

住宅購入を検討する際にまず考えたいのは、「注文住宅」と「建売住宅」のどちらにするかということ。

 

注文住宅は、土地を購入してから建築家や施工会社と契約し、間取りや設備などイチから自分で決めていきます。

 

一方の建売住宅は、土地と建物をセットで販売。

 

販売時点で建築中の物件もあれば、すでに完成している物件もあります。

 

この記事では、注文住宅と建売住宅の違いをメリット・デメリットでまとめてみました。

 

注文住宅と建売住宅の違いとメリット


住宅


注文住宅と建売住宅それぞれのメリットから、2つの違いを紹介します。

 

<注文住宅のメリット>

 

注文住宅のメリットにはこのようなものがあります。

 

・自分の理想の家が実現する

 

・工夫次第でコストが節約できる

 

・工事の過程を確認できる

 

・将来を見据えた設計もできる

 

注文住宅の最大のメリットは、自分の理想に近い家を建てられることです。

 

外装、間取り、設備、内装材、デザインなど、自分好みにこだわれます。

 

もし、コストを節約したければ、一部を自分で作業する、不要な設備を付けないなど、調節することも可能です。

 

工事中の現場をチェックできるので、建設中に不備がないか自分の目で確認できる安心感もあります。

 

また、将来バリアフリーや二世帯住宅にすることも視野にあるなら、あらかじめリフォームしやすいように設計することも可能です。

 

<建売住宅のメリット>

 

・費用、時間、手間が節約できる

 

・購入手続きが簡単

 

・販売価格が明確

 

・事前に室内や周辺環境を確認できる

 

建売住宅の最大のメリットは、費用を抑えられることです。

 

特に分譲地に同じような設計の建物が並ぶ場合、資材や工事費を節約できるため、建物自体の価格も抑えられています。

 

また、土地も建物の設計もすでに決まっているため、購入を決意してから入居までにそれほど時間も手間も要しません。

 

すでに建設済みの場合は、事前に内覧や周囲の環境チェックもできて安心です。

 

注文住宅と建売住宅のデメリット


メリットデメリット


注文住宅と建売住宅それぞれのデメリットから、2つの違いをご紹介します。

 

<注文住宅のデメリット>

 

・時間と手間がかかる

 

・こだわるほど費用がかさむ

 

・購入手続きが複雑

 

・建築条件付きの土地の場合、設計に制限がかかる

 

注文住宅の最大のデメリットは、時間と手間がかかること。

 

土地を持っていない場合、土地探しからスタートするので、入居までに長いときでは2年近くかかってしまうこともあります。

 

決めることが多く、何度も打合せを重ねるので手間もかかります。

 

また、こだわるほどに費用はどんどん追加されていくので、予算の上限をしっかり設定しておく必要があります。

 

<建売住宅のデメリット>

 

・設計や設備を指定できない

 

・建設過程を確認できない

 

・隣の住宅との距離が近いことがある

 

建売設計のデメリットは、デザインや間取りといった設計や設備などを指定できないことです。

 

そのため、将来リフォームしようと思ったときに対応できない可能性もあります。

 

また、細かく区画された土地の場合、隣の住宅との距離が近いと感じるかもしれません。

 

まとめ


それぞれのメリット・デメリットの違いから、それぞれおすすめできる人をました。

 

将来、住宅購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。


私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、高槻のマンション・不動産情報をご紹介しております。


買取査定も無料で行っておりますので、是非お気軽にご相談ください。

≪ 前へ|リノベーション済みマンションを検討中の人必見!メリット・デメリットを解説   記事一覧   ベッドタウン茨木市の住みやすさは?駅周辺の治安や利便性を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る