高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 買い物スポットやイベントが充実!ベッドタウン高槻市の住みやすさとは?

買い物スポットやイベントが充実!ベッドタウン高槻市の住みやすさとは?

≪ 前へ|一戸建て購入時の「頭金」と「手付金」の違いとは?   記事一覧   マイホーム購入する際に知っておきたい!不動産取得税について|次へ ≫

大阪府高槻市(たかつきし)は、大阪府北部の北摂三島地域に位置する中核市であり、大阪市と京都市との中間に位置することもあり、両市のベッドタウンとして栄えてきた町です。

 

今回は、そんな大阪府高槻市の住みやすさについて、買い物の利便性や、楽しめるイベントを中心にご紹介いたします。

 

買い物スポットやイベントが充実!ベッドタウン高槻市の住みやすさとは?


ベッドタウン大阪府高槻市の住みやすさ 買い物の利便性


高槻市の中心である高槻駅は、JR京都線の快速、新快速が停車する駅であり、どちらへ行くにも利便性が非常に高い立地です。

 

高槻駅前には西武高槻店、松坂屋高槻店、そして昭和50年代の再開発時に建設された巨大な駅ビル「グリーンプラザたかつき」が3棟も建っています。

 

さらに、2004年には複合商業施設である「アクトアモーレ」が開業し、多くの店舗だけではなく、上階には巨大な映画館「高槻アレックスシネマ」も併設されています。

 

ショッピングスポットは駅ビルだけではなく、アーケード商店街である「高槻センター街」と「芥川商店街」も多くの飲食店や小売店が並んでおり、連日多くの人で賑わっています。

 

これだけ買い物の利便性に充実した駅周辺地域であるのにも関わらず、一歩駅を離れれば住宅街になっているのも高槻市の住みやすさです。

 

住宅街は新築の一戸建てや古くからある一戸建て、そして中高層マンションなどが新旧入り乱れており、ベットタウンとして日々発展してきたことが良くわかる街並みとなっています。

 

ベッドタウン大阪府高槻市の住みやすさ:多数のイベントが開催されている


買い物の利便性が抜群な高槻市は、各種イベントも多く行われていることも特徴の1つで、その内容は、子育てからボランティア、文化・芸術からスポーツなど多岐に渡ります。

 

<有名なイベント>


・「摂津峡さくら祭り」


大阪府高槻市の摂津峡公園さくら広場で行われており、例年3月下旬から4月上旬にかけて、桜の開花にあわせて開かれているお祭りです。

 

・「高槻ジャズストリート」


ゴールデンウィークの時期に開催される手作りの音楽イベントとして1999年から始まり、全60会場が会場入場無料で音楽を楽しむことできます。


・「こいのぼりフェスタ1000


芥川桜堤公園で開かれており、名前のとおり1,000匹のこいのぼりが揚げられるのが特徴で、その情景は圧巻です。

 

このように、季節の催しを楽しみながらも、老若男女楽しめるイベントを定期的に開催しているのが、高槻市の魅力となっているのです。

 

買い物スポットやイベントが充実!ベッドタウン高槻市の住みやすさとは?

 

まとめ


大阪府大槻市は、大阪市と京都市のベットタウンとして絶えず栄えてきただけあり、衣食住が揃った住みやすさ抜群の街といえるでしょう。

 

マイホームをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

高槻市不動産情報なら、私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店にお任せください!

 

お客様のご要望にそった物件をご紹介しますので、お気軽に問い合さい
≪ 前へ|一戸建て購入時の「頭金」と「手付金」の違いとは?   記事一覧   マイホーム購入する際に知っておきたい!不動産取得税について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る