高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 北摂の高級郊外型ニュータウン!茨木台ニュータウンの特徴とは?

北摂の高級郊外型ニュータウン!茨木台ニュータウンの特徴とは?

≪ 前へ|不動産売却するなら知っておきたい!「譲渡所得税」と「減価償却」   記事一覧   戸建てに住む人を困らせる害虫や害獣!業者が行う駆除サービスとは?|次へ ≫

茨木台は、京都府亀岡市にある北摂の高級な郊外型ニュータウンです。

 

この記事では、茨木台ニュータウンの概要や特徴についてご紹介します!

 

北摂の高級郊外型ニュータウン!茨木台ニュータウンの特徴とは?


北摂の高級郊外型ニュータウン!茨木台ニュータウンの概要

 

茨木台という地名は正式なものではなく、当初は愛称として使われていました。

 

しかし、茨木台の表示は道標や閉店した商店の店名などに現在でもわずかに残っています。

 

また、ウェブ上でも、茨木台ニュータウンあるいは茨木台という呼称が未だに用いられることが少なくありません。

 

しかし、正式な所在地は京都府亀岡市の見立地区となっており、大阪府茨木市ではありません。

 

道路や水道の管理は、分譲した当初の経緯から見立南区、見立北区、松風台にわかれています。

 

一方で、自治会は見立南区、見立北区にわかれており、松風台は見立南区の自治会に含まれています。

 

北摂の高級郊外型ニュータウン!茨木台ニュータウンの特徴

 

道路は自治会が所有する市道であり、住民が維持費も含めて管理しています。

 

その経緯は、1991年に開発業者の倒産により団地内の道路が大阪市や金融機関に差し押さえられ、これを1998年、住民が共同の自己負担により買取した、というものです。

 

自治会が飲料水井戸、水道管、配水施設などの水道施設も所有しており、住民が維持費も含めて管理しています。

 

こうした経緯は地区内の数ヶ所に掲示されています。

 

見立北区においては、2004年に飲料用井戸を新しく掘削しています。

 

また、見立南区と見立北区で開栓料などの料金が違っています。

 

500mの標高であり、気温は茨木市や大阪市などの市街地より低くなります。

 

開発した当初は、道路を茨木市側に開発業者が建設するようになっていましたが、先にご紹介したように開発業者が倒産したので、道路は建設できなくなりました。

 

茨木市としても、茨木市の税金で亀岡市の市民のための道路を建設することには反対しています。

 

茨木台ニュータウンの銭原停留所に至る道路は、公道ではなく茨木市青少年野外活動センターの中のものです。

 

そのため、茨木市が2箇所でコンクリートブロックとポールによる車止めを設けており、大型車両は通行が制限されています。

 

しかし、この2箇所の他は傾斜も割合少なく、道路も広いので、茨木台ニュータウンに行くためのメインのルートになっています。

 

また、大型車両の地区の中の通り抜けが、この車止めによって防げるというメリットもあります。

 

大型車両の車止めによる通行防止などよって、先にご紹介した住民による道路と水道管の維持費が抑えられています。

 

北摂の高級郊外型ニュータウン!茨木台ニュータウンの特徴とは?


まとめ


茨木台は、北摂の高級な郊外型ニュータウンで京都府亀岡市にあります。

 

茨木台ニュータウンの特徴としては、道路は市道で自治会が所有しており、住民が維持費も含めて管理していることなどが挙げられます。


私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、茨木市のマンション・不動産情報をご紹介しております★★★

 

買取査定も無料で行っておりますので、是非お気軽にご相談ください。

≪ 前へ|不動産売却するなら知っておきたい!「譲渡所得税」と「減価償却」   記事一覧   戸建てに住む人を困らせる害虫や害獣!業者が行う駆除サービスとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る