高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 分譲マンションでの騒音トラブル!未然に防ぐための物件選びのコツとは?

分譲マンションでの騒音トラブル!未然に防ぐための物件選びのコツとは?

≪ 前へ|マンションの固定資産税はどれくらい?調べ方・計算方法をご紹介   記事一覧   リノベーションの費用はいくら?相場と費用を抑えるコツをご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

分譲マンションでの騒音トラブル!未然に防ぐための物件選びのコツとは?

せっかく購入した分譲マンションでの近隣トラブルは、誰しも避けたいものですね。
分譲マンションにおける近隣トラブルの原因の一つに、騒音トラブルがあります。
今回は分譲マンションを選ぶ際、騒音トラブルを未然に防ぐための物件選びのコツについてご紹介します(^^)

弊社へのお問い合わせはこちら

分譲マンションで騒音となる2種類の音とは?

マンション生活内で騒音となる音は「固体音」と「空気音」と呼ばれる2種類の音に分けられます。

固体音とは?

固体音とはマンションの構造そのものが発生させている音で、固体が耳に伝える振動音のことを言います。
具体的にはエレベーターが稼働する音や上の階からの足音、トイレや浴室を通る給排水の音やエアコンの稼働音などがこれにあたります。

空気音とは?

空気音とは空気によって伝わってくる音のことで、マンション外からの騒音も含まれます。

●人間の話し声や音楽
●テレビ、ペットの鳴き声
●掃除機の音


空気音は生活環境を改善することによって軽減できるのに対して、個体音は発生しても解消することが難しい騒音となっています。

騒音が発生しにくい物件の特徴と探し方のコツとは?

分譲マンションを探すとき、なるべくならトラブルを避けられるよう、騒音が発生しにくい物件を選びたいものですよね。
分譲マンションで騒音が抑えられやすいものには特徴がありますので、そういった物件を選ぶのが探し方のコツと言えます。

住戸間の壁や天井・床の厚さや構造をチェックしよう!

一般的なマンションは鉄筋コンクリート造(RC造)や鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)という構造が主流であり、一般的な戸建てと比較して遮音性が高いのが特徴です。
しかし天井や壁の厚さはマンションによって異なり、厚さが厚ければその分遮音性能は高まります。
また、天井や床の構造で二重床、二重天井といわれるものはより遮音性能が高くなるという特徴もあるので、天井や床の構造も確認してみましょう。

部屋の位置や階層をチェック

同じ分譲マンション内でも、住む住戸の位置や階層によって音の聞こえ方は変わります。
たとえば最上階であれば、上からの足音に悩まされることはなく、角部屋であれば隣接する部屋数が減るので音の発生源数は減ります。
また、エレベーターに隣接する場所を避ければ、機械音は聞こえにくくなるでしょう。

周辺の環境や立地をチェック

マンション内だけでなく、周辺の環境や立地状況もチェックしましょう。
交通量の多い道路に面した場所や線路が近い場所は、交通による騒音に悩まされる確率が高くなります。
繁華街や観光客が多いエリアに立地する物件も、外からの騒音を受けやすいと言えます。

騒音が発生しにくい物件の特徴と探し方のコツとは?

要チェック|マンションの物件一覧

まとめ

分譲マンションでの騒音トラブルについて、種類とトラブルを避ける物件の選び方についてご紹介しました。
分譲マンションは一度購入すると、なかなか気軽に転居できないものです。
騒音はなるべく未然に防ぎつつ、自分が発生する音にも配慮して気持ちよく生活しましょう。


私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、マンションの物件情報を豊富に取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください☺♪
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マンションの固定資産税はどれくらい?調べ方・計算方法をご紹介   記事一覧   リノベーションの費用はいくら?相場と費用を抑えるコツをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る