掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/03/06

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > マンションを購入したい!新築と中古それぞれのメリット・デメリットとは

マンションを購入したい!新築と中古それぞれのメリット・デメリットとは

≪ 前へ|戸建て住宅は南向きが日当たりがよい?メリットやデメリットをご紹介   記事一覧   バリアフリー住宅の特徴と選び方!マイホーム購入時のポイント|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

マンションを購入したい!新築と中古それぞれのメリット・デメリットとは

不動産の購入は、人生においても大きな買い物のひとつ。
それゆえ、熟考して納得のいく物件を購入したいですよね。
新しい住まいを購入する際に、新築と中古どちらにするかという問題は、誰もが一度はぶつかる悩みです。
一見、価格だけで考えると、なんとなく中古の方が割安でお得なイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。
今回は、そんな新築マンションと中古マンションについて、費用面も合わせてメリット・デメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築マンションと中古マンションの価格の比較

同条件のもとでは、新築マンションよりも割安感のある中古マンションですが、条件が異なれば、中古マンションの方が新築よりも高くなるケースもあります。
そもそも、新築マンションと中古マンション、それぞれの販売価格はどのように決められているのでしょうか。
新築物件の価格は、事業主の意思によって決められるのが一般的です。
そのため、物件のスペックが高い場合、エリアの価格相場を大きく上回る価格で設定される場合もあります。
一方で、中古物件の場合は、エリア相場や取引事例を加味して販売価格が設定されます。
つまり、新築物件の販売価格が先に決まっていて、それを踏まえた上で中古物件の価格が決められているのです。
では、購入時にかかるその他の初期費用面で違いはあるのでしょうか。
まず、新築物件には消費税がかかりますが、中古物件にはかかりません。
ただし、新築物件の販売価格は消費税込みで記載されているため、表示価格にさらに別途必要になることはありません。
また、新築マンションの場合は「修繕積立基金」と呼ばれる一時金を支払う必要があります。
一方で、中古物件は、消費税がかからない代わりに不動産会社への仲介手数料が必要になります。

新築と中古それぞれのメリット・デメリットは?

新築マンションのメリット


●物件が綺麗で設備が充実している
●購入時期が似るため、同世代が集まりやすい

新築マンションのデメリット


●同条件の場合、価格が高い
●眺望や陽当たり、隣人など実際に住んでみないとわからないことが多い
●中古に比べて物件数が少ない

中古マンションのメリット


●同条件の場合、費用が安い
●物件数が多いため、希望の物件が見つかりやすい
●実際に物件を見てから購入できる

中古マンションのデメリット


●築が古いとリフォームが必要な場合が多い
●部屋のリフォームはできるが、共有部分はリフォームできない
●古いマンションは、住民の年齢層が高いことが多い

要チェック|マンション物件一覧

まとめ

新築マンション、中古マンションどちらも一長一短がありますが、大切なのは自分のライフスタイルに合った物件を見つけることです。
どちらを購入するにせよ、情報収集をしっかりと行って納得のいく物件を見つけてくださいね。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、マンションの物件情報を豊富に取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|戸建て住宅は南向きが日当たりがよい?メリットやデメリットをご紹介   記事一覧   バリアフリー住宅の特徴と選び方!マイホーム購入時のポイント|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る