掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/04/14

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンを組む時に知っておきたいペアローンと収入合算の違いとは?

住宅ローンを組む時に知っておきたいペアローンと収入合算の違いとは?

≪ 前へ|分譲マンション購入で後悔しないために役立つの内見のポイントとは?   記事一覧   分譲マンション購入で後悔しないために役立つの内見のポイントとは?|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

住宅ローンを組む時に知っておきたいペアローンと収入合算の違いとは?

マイホームを購入する際にほとんどの方が利用することとなる住宅ローン。
金融機関選びなどにもこだわりたいですが、住宅ローンを組む上での基本となるペローンと収入合算についてきちんと知っておくことも大切です。
ペアローンと収入合算の違いやそれぞれのメリット・デメリットについて、解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの基本!ペアローンと収入合算の特徴と違い

金利タイプやローン借入先など、住宅ローンを選ぶポイントにもいろいろなものがありますが、知識として知っておきたいのが、ペアローンと収入合算の違いです。
とくに、共働きのご家庭では、両者の違いをきちんと知っておくことが、賢いマイホーム購入計画につながりますので、しっかりとおさえておきましょう。
まず、知っておきたいのは、2つのローンの仕組みです。
ペアローンは、夫婦やパートナーがそれぞれが債務者となり、2人が別々に住宅ローンの契約を結ぶという形のローンになります。
一方で、収入合算は、主となる債務者の収入を基準として、もう1人の収入合算者を立てるという形です。
一般的な民間の金融機関では、収入合算者が住宅ローン契約の連帯保証人となる「連帯保証型」の収入合算を取り扱っています。
しかし、中には、「連帯債務型」のものも存在するので、しっかりと詳細を確認するようにしましょう。

ペアローンと収入合算それぞれのメリットとデメリット

2人の住宅ローンを契約するペアローンとは異なり、収入合算の場合はあくまでも1本の住宅ローン契約。
どちらにも住宅ローンの借入額を増やすことで、購入できるマイホームの選択肢が増えることなどがメリットとなりますので、そのほかにも、下記のようなメリットとデメリットが存在します。


ペアローンのメリット
●借入額が増やせる
●それぞれが主債務者となるため、住宅ローン控除やすまい給付金などを利用することで、節税効果が期待できる


ペアローンのデメリット
●住宅ローンの契約が2本となるため、どうしても事務手数料や諸費用などがかさんでしまう
●住宅ローンの割合を途中で変更することができないので、将来を見越しての契約が求められる
●どちらか一方にもしものことがあった場合、債務免除は1人分のみとなる


収入合算のメリット
●借入額が増やせる
●住宅ローンの契約が1本となり、事務手数料や諸費用を節約できる


収入合算のデメリット
●利用出来る税の優遇制度が少ない
●離婚の際にトラブルとなる可能性がある
●団体信用生命保険に加入できるのが主債務者のみのため、連帯保証人にもしものことがあった場合、ローン返済がリスクとなる可能性がある

まとめ

一生ものの買い物となるマイホーム購入。
多くの方が、いろいろな点を考慮して、ライフプランに合った住宅ローンを選択することと思います。
今回ご紹介した情報を参考に、ペアローンと収入合算のどちらがご家庭に合っているのかをあらためて考え、ぜひ、ご家族全員がしあわせになれるマイホーム計画を立ててくださいね。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、大阪府の土地情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|分譲マンション購入で後悔しないために役立つの内見のポイントとは?   記事一覧   分譲マンション購入で後悔しないために役立つの内見のポイントとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る