掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/09/20

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > マイホームの購入や建築の際に気になるキッチンの種類

マイホームの購入や建築の際に気になるキッチンの種類

≪ 前へ|公園のすぐ隣にある家のメリットとデメリットに迫る!   記事一覧   駐車場に必要な広さとは?建てる前に知っておきたい失敗やトラブルを解説|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

マイホームの購入や建築の際に気になるキッチンの種類

マイホームを購入、建築するとき、お料理をよくする方にとって、キッチンの種類は重要な要素のひとつです。
どれくらいの広さなのかという点から、コンロの数まで、気になる点はたくさんあります。
そこでまずは、キッチンにどのような種類があるかを把握しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームで家族と接しながらお料理ができる「対面キッチン」の種類

お料理の際も家族を眺められる「対面キッチン」は、ファミリー層に人気です。
対面キッチンには「アイランドキッチン」、「ペニンシュラキッチン」、「I型キッチン」などがあります。
・「アイランドキッチン」

間取りにおいてキッチンが壁に接していないタイプのキッチン。

「アイランドキッチン」には開放感があり、キッチンを360度どの角度からも使えるという点がメリットです。
もちろん、対面キッチンですからお料理をしながらご家族の様子を窺うことができるのもメリットと言えるでしょう。
・「ペニンシュラキッチン」

アイランドキッチンに似た形式のキッチンですが、こちらはキッチンの左右どちらかが壁に接しています。
ペニンシュラキッチンのメリットは、間取りを考えやすい点です。
壁があることで採用できる換気扇の種類が増えたり、壁をお料理道具の収納として扱えるなど、利点が多くなっています。
・「I型キッチン」

コンロとシンクが一直線に並んでいるキッチンを指しますが、先に紹介した二つとは違い、キッチン前にカウンターがあるのが特徴です。

このカウンターはリビングからの視界を妨げる働きがあるので、キッチンでの作業を見られたくない方におすすめです。
もちろん、カウンター自体に何か道具を置くこともできますし、高さを自由に変えることもできます。

マイホームで作業効率を重視するなら「壁つけキッチン」

「壁つけキッチン」とは、壁に向いて作業するタイプのキッチンです。
壁に寄せているためお部屋を広く使えますし、家事動線を抑えられるため、比較的に楽にお料理することができます。
また、水回りや電気設備も配置しやすいため、対面キッチンよりも安価に設置できるというのもメリットと言えるでしょう。
壁つけキッチンのなかには、L字型に曲がった「L型キッチン」という種類もあります。
「L型キッチン」は壁つけキッチンのメリットである作業効率を、さらに引き上げたタイプと言えます。
スペースを広く構えれば複数人でキッチンに立つこともできるので、お料理で大変な思いをしている方に向いたキッチンです。

まとめ

このように、キッチンにはさまざまな種類があります。
近年ではオシャレなデザインのキッチンもありますし、こだわりたいポイントは多くなっていると言えます。
しかし、見た目だけで選ぶと実際は使いにくかったり、生活スタイルに合わなかったりと問題が出てしまうものです。
ご家庭の需要に合わせて適切なキッチンを選び、快適なマイホームライフを過ごしましょう。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、大阪府の戸建て物件情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|公園のすぐ隣にある家のメリットとデメリットに迫る!   記事一覧   駐車場に必要な広さとは?建てる前に知っておきたい失敗やトラブルを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る