掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/03/06

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 個人事業主であることが住宅ローン審査に与える影響やうまくいくコツ

個人事業主であることが住宅ローン審査に与える影響やうまくいくコツ

≪ 前へ|コロナ禍で注目を集めるマンションの新しい間取り   記事一覧   コロナ禍で注目を集めるマンションの新しい間取り|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

個人事業主であることが住宅ローン審査に与える影響やうまくいくコツ

近年では働き方が多様化してきました。
個人事業主として独立するのもひとつの選択肢です。
しかし、個人事業主は会社員とはまた違った制約があるので、しっかり認識しておくのが賢明です。
今回は、住宅ローン審査のポイントやクリアするためのコツを解説いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

個人事業主であることが住宅ローン審査に与える影響

個人事業主は会社員とは違う身分として扱われます。
そのため、金融機関は会社員とは異なるポイントに重点を置き、チェックをおこなうでしょう。

●安定的な所得があるか
●現時点での資金額がいくらあるか
●税金やクレジットカード支払いなどの滞納がないか


まず、売上から経費や社会保険控除などを差し引いた所得がいくらなのか、重要視されます。
多くの金融機関が直近3年間の所得をもとに審査するので、3年以上事業をおこなっているのが理想です。
もし1年間だけ所得が多くても、その安定性に欠けていれば厳しい評価が下されます。
さらに、現時点での資金力があると理想的です。
借入返済額が少ない場合、返済できないリスクが減るので金融機関が基準を下げてくれることがあります。
ほかには、税金やクレジットカード支払い、自動車ローンなどの滞納があるとマイナス評価になるので気をつけましょう。
納税証明書の提出を求められ、延滞履歴をチェックされるので偽ることはできません。
日頃から誠実な対応を心がけておくとよいでしょう。
これら3つのポイントに加え、金融機関の選定も大切です。
住宅ローンの審査をおこなう際に、多くの金融機関が住宅ローンの申し込み者との取引状況を考慮するので、事業資金のメインバンクに相談してみるのもおすすめです。

個人事業主が住宅ローン審査を通りやすくするためのコツ

住宅ローンの審査をクリアするためには、前述したポイントを押さえるとよいです。
安定的な所得を得て、しっかり資金を貯めてください。
そして、税金やクレジットカードの支払いをきちんと済ませましょう。
金融機関をきちんと選定すれば、問題なくクリアできる可能性が高まります。
なかでも「フラット35」は、個人事業主であっても利用しやすい商品ですので、相談する金融機関についてはよく検討するとよいでしょう。
一般的な金融機関では、所得が直近の3年間連続にて黒字であることが条件とされますが、「フラット35」での対象は直近の1年間分のみです。
開業してから3年間が経っていなくても問題ないことがあります。

まとめ

今回は、個人事業主であることが住宅ローン審査に与える影響やうまくいくためのコツを解説いたしました。
ポイントを押さえたうえで条件が合えば、クリアできるので、諦めないでください。
計画的に準備して、理想の物件を手に入れましょう。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、大阪府の土地情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|コロナ禍で注目を集めるマンションの新しい間取り   記事一覧   コロナ禍で注目を集めるマンションの新しい間取り|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る