掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/04/14

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > マンションのおすすめ階数とは?低階層と高階層のメリット

マンションのおすすめ階数とは?低階層と高階層のメリット

≪ 前へ|分譲マンションの保有に必要な管理費とはなにか   記事一覧   分譲マンションの保有に必要な管理費とはなにか|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

マンションのおすすめ階数とは?低階層と高階層のメリット

マンションの購入を検討している方に向けて、低階層・高階層のそれぞれのメリットについてご紹介いたします。
子どもがいるご家庭、高齢者がいるご家庭など状況はさまざまです。
低階層・高階層のメリットを吟味した上で、あなたの家庭状況に応じた階数を選んでいただけたらと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションの階数により価格が違う理由と低階層のおすすめポイント

基本的に、マンションにおいて低階層は物件価格が安く、高階層ほど価格も上がっていきます。
さらに都心部においてはこの物件価格の差が大きくなるのが一般的です。
なぜ、高階層ほど物件価格が高いかというと、日当たり・眺望がよい・騒音が少ない・周囲建物からの視線が気にならないなどの理由が挙げられます。
しかし、低階層にもたくさんのおすすめポイントがあるのです。
物件価格が安い、エントランスおよび駐車場が近い、ようするに、外出しやすいなどの利点があり、火災・地震のときは避難するという安全面も非常に優れています。
災害時、万が一エレベーターが使用できない状況であっても、階段を使うことで容易にマンションの外へ出ることができます。
上記のおすすめポイントから、子どもがいるファミリー世帯や高齢者がいる世帯においては低階層に住むことが生活する上でいいのではないでしょうか。
1階は特に子どもがいるファミリー世帯の場合、下の階への騒がしい足音などを気にしないで過ごせるでしょう。

マンションの階数を決める上で高階層をおすすめする理由

高階層のおすすめポイントは先ほどご紹介したものに加えて、夏は打ち上げ花火を自宅から見られる、最上階に住んでいるというステータス、虫が入ってこない(6~8階以上の場合)などがあります。
さらに、日当たりがいいため、日中、照明を付けずに過ごすことができるでしょう。
日中、高階層に住むメリットがある方は、ご自宅で過ごすことが多い方だと思います。
また、女性の一人暮らしの方は最上階に住むことで、防犯という点でおすすめします。
さらに、高収入の方や、高層階に住むことでステータスを感じ、日々の活力となる方についても高階層に住むことがいいでしょう。

まとめ

マンションは戸建て住宅と違い、同じマンションでも階層や角部屋、中部屋などによって物件価格もさることながら、メリット・デメリットがまったく異なります。
やっぱり低階層に住むほうが外出が多いご家庭は、生活する上で、メリットがたくさんあるのではないでしょうか。
マンションの購入はあなたの人生にとって大きな買い物になるので、十分検討した上で、ご自身のライフスタイルに合った階層の物件を選ぶことが重要です。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、マンションの物件情報を豊富に取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|分譲マンションの保有に必要な管理費とはなにか   記事一覧   分譲マンションの保有に必要な管理費とはなにか|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る