掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/05/09

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 茨木市の移住・定住支援とは?茨木市多世代近居・同居支援事業補助制度って?

茨木市の移住・定住支援とは?茨木市多世代近居・同居支援事業補助制度って?

≪ 前へ|不動産購入時に2世帯マンションを選択するメリットとデメリットとは?   記事一覧   住宅ローンの年数は何年がいい?返済期限や年齢上限について|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

茨木市の移住・定住支援とは?茨木市多世代近居・同居支援事業補助制度って?

茨木市の移住、定住のための支援策をご存じですか?
茨木市の移住・定住支援策である、茨木市多世代近居・同居支援事業補助制度についてご紹介します。
また住宅に関する補助制度の耐震診断や耐震改修補助制度についても合わせてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

茨木市の移住・定住支援とは?茨木市多世代近居・同居支援事業補助制度について

茨木市は大阪府のベッドタウンとして有名で、転勤族も多いことが特徴です。
茨木市への移住・定住のための支援策として、「茨木市多世代近居・同居支援事業補助制度」があります。
この制度は、親世帯と子世帯が茨木市内の近所で住んだり、同居したりする場合の補助制度です。
補助金交付の条件は、転居用の住居を取得することが対象とされています。
たとえば親世帯が茨木市に住んでいる子世帯と同居のために転居したい、という場合に使える制度です。
また同居は難しいけれど、将来的な介護のことを視野に近所に引っ越すというパターンも対象です。
制度を利用するために、条件があります。
1年以上茨木市以外に居住している親世帯、または子世帯が、1年以上茨木市内に居住している子世帯、または親世帯の近所に住む、または同居するために茨木市に転居することです。
また転居する住宅は平成29年4月1日以降に取得したものに限ります。
子世帯とは、中学生以下の子ども(妊娠中も含む)がいる子育て世帯、または夫婦のいずれかが40歳以下の若い夫婦という世帯を指します。
補助金は、上限30万円です。
同様の条件で、多世代同居支援住宅リフォーム補助制度というのもあります。
同居するためにリフォームをおこなうための補助金制度です。
茨木市は賃貸アパートやマンションも多く、大阪市内や京都方面へも通勤通学に便利な土地柄であることから、人気のエリアです。
茨木市に移住し、賃貸に住んでいた人が永住を決める場合も多いため、近居や同居を支援するための補助制度ですね。

茨木市の移住・定住支援とは?耐震診断や耐震改修補助制度について

茨木市の移住・定住支援策に、住宅の耐震診断や耐震改修補助制度があります。
所有している住宅の耐震診断をしたい場合や、耐震基準に満たない住宅を改修する際の工事費に対しての補助金です。
耐震診断の対象の住宅は、木造住宅の場合、平成12年5月31日以前に建築されたものであること、その他の建物に関しては昭和56年5月31日以前に建築されたものです。
対象の住宅は、戸建住宅だけでなく、長屋、併用住宅、共同住宅も対象です。
補助金の最大は、木造は最大5万円、その他は2.5万円です。
また耐震診断の結果、耐震改修工事が必要となった場合の補助金もあります。
耐震診断や工事を検討される場合は、年間で補助できる予定棟数が決まっているため、まずは担当の茨木市都市整備部居住政策課までご相談ください。

おすすめ物件情報|茨木市の物件一覧

まとめ

茨木市の移住・定住支援策である、茨木市多世代近居・同居支援事業補助制度と、住宅に関する耐震診断や耐震改修工事に関する補助制度についてご紹介しました。
ぜひ参考にしてみてください。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、大阪府の戸建て物件情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入時に2世帯マンションを選択するメリットとデメリットとは?   記事一覧   住宅ローンの年数は何年がいい?返済期限や年齢上限について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る