掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/05/09

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > マイホームは購入費のほかにも資金が必要!頭金の目安はいくら?

マイホームは購入費のほかにも資金が必要!頭金の目安はいくら?

≪ 前へ|Cafe風おしゃれキッチンに生まれ変わりました!   記事一覧   高槻市 桜が咲きました|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

マイホームは購入費のほかにも資金が必要!頭金の目安はいくら?

マイホームを買うためには、購入費のほかにもさまざまな資金が必要です。
どのような資金がいくら必要になるのかを把握し、あなたの予算に合う住宅を選びましょう。
そこで今回はマイホームの購入を検討されている方に向けて、住宅の購入資金についてご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームの購入資金で頭金はいくら用意すれば良い?

頭金とはマイホームの購入費のうち、現金で支払う分のことをいいます。
全額を住宅ローンにすることも可能ですが、頭金を用意すると借入額が少なくなり、そのぶん利息も減るので、返済総額がフルローンと比べて低くなる点がメリットです。

頭金はいくら用意するべき?

頭金は、住宅購入価格の1割から2割程度用意するのが目安とされています。
中古の一戸建てで203万円、注文住宅で636.5万円用意するのが目安とされており、住宅の種類によって金額に幅が生じます。
またマイホームを購入するためには頭金だけではなく、不動産取得税などの各種税金、住宅ローンを組むための事務手数料、引っ越し費用など、さまざまな初期費用がかかります。
引っ越し後も安定した暮らしを送るためには、生活費の6カ月分程度の貯金を残しておくことも大切です。
これらの初期費用や生活費なども考慮しながら、頭金はいくら用意できるのかを検討し、資金計画に合う住宅を選びましょう。

マイホームを購入するための資金の準備とは?

マイホームを買うためには、次の2種類の方法で資金を準備するのが一般的です。

●家賃を支払いながら貯金して頭金を用意する
●フルローンを利用する


金利・返済年数・頭金・家賃など、さまざまな条件によって支払総額の結果は異なるため、どちらのほうがお得になるとは一概にはいえません。
また新居へ引っ越した後も、修理やメンテナンスにかかる資金を用意する必要があります。
たとえばマンションの場合、月々修繕積立金を5,000円から1万5,000円程度支払う必要があります。
一戸建ての場合は月々費用を組合などに納める必要はありませんが、マンションと同様に定期的なメンテナンスや修繕は必要です。
水回りの交換費用は200万から300万円、外壁や屋根の修繕は100万から200万円程度かかることを考えると、毎月貯金して修繕費を準備する必要があります。
マイホームは引っ越し後もさまざまな費用が必要になることを理解し、余裕を持った返済計画を立てましょう。

まとめ

今回はマイホームの購入を検討されている方に向けて、住宅の購入資金についてご紹介いたしました。
理想的なマイホームを手に入れても、その後の返済が厳しくなると最終的には手放さなければならないこともあるので、しっかりと準備してあなたの予算に合う家を選びましょう。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、大阪府の土地情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|Cafe風おしゃれキッチンに生まれ変わりました!   記事一覧   高槻市 桜が咲きました|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る