掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2022/10/03

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却する際に役立つ知識「簿価」について解説します!

不動産を売却する際に役立つ知識「簿価」について解説します!

≪ 前へ|万が一の事態に備えて知っておこう!鍵を紛失した際の対処法   記事一覧   住宅ローン返済が厳しい状況…検討するべき不動産の任意売却とは?|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

不動産を売却する際に役立つ知識「簿価」について解説します!

不動産を売却する際に知っておきたい用語の1つが「簿価」です。
しかし、あまり聞き馴染みのない言葉であるため、それがどういった意味を持つ用語かご存じない方も多いでしょう。
今回は、「簿価」とはどういう意味なのか、具体的な活用方法とともに解説します。
不動産の売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時に大切な「簿価」とは?

帳簿価格を略して「簿価」といいます。
不動産を購入した際の取得価格のことを意味し、もとは会計処理で使用されてきた専門用語です。
物件購入時の支払額が簿価となりますが、建物は築年数を重ねるごとに価値が下がるため、それに伴い簿価も減少します。
不動産の売却において簿価は、損益計算するうえで大変重要な情報です。
一方で、反対の意味を持つ用語に「時価」があります。
時価とは、現在の不動産の市場価値のことで、景気に左右されるのが特徴です。
不動産を売却したいのであれば、時価が簿価を上回っているタイミングがベストといえるでしょう。

不動産売却で「簿価」を活用できるのはどういったとき?

不動産を売却する際には、「どのくらいの利益が出るか」や「売却益によって発生する税金額はいくらか」などを知るために損益計算をおこないます。
先ほどもお伝えしたように、この損益計算をスムーズにおこなうために活用するのが簿価です。
不動産の売却損益は、売却価格-(簿価+譲渡費用+取得時の諸費用)によって求められます。
また、売却価格を決める際にも、簿価を活用することがおすすめです。
なかには、「売るからには高額で!」と思うあまり、根拠なく高めの価格を設定される方がいらっしゃいます。
しかしそういった場合、不当な価格であると感じる買い手側から値引きを要求される確率が非常に高くなるでしょう。
その点、はじめから簿価を基に適切な価格設定をしておけば、そうした要求も少なくなり、あったとしても簿価を根拠に交渉を有利に進められます。
ちなみに、簿価は減価償却費にも大きく関わります。
減価償却費とは、年々価値が減少していく資産に対し、耐用年数に応じてその価値を再配分する際に利用する金額のことです。
不動産売却時におこなう損益計算の簿価は、この減価償却費を計算に取り入れた簿価が活用されます。
また、減価償却は不動産のなかでも一戸建てやマンションなどの物件におこなわれるものであり、土地に対してはなされません。

まとめ

簿価や時価、損益計算や減価償却など、不動産の売却に向けて勉強し始めると、こうした専門用語に四苦八苦する方も多くいらっしゃるでしょう。
しかし、深い知識を身につけた分だけ、より賢くスムーズに売却を進められます。
売却に適したタイミングの見極めや物件の価格設定の際は、ぜひ簿価を判断材料の1つとしてご活用ください。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、大阪府の戸建て物件情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|万が一の事態に備えて知っておこう!鍵を紛失した際の対処法   記事一覧   住宅ローン返済が厳しい状況…検討するべき不動産の任意売却とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る