掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/08/04

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 建売住宅には網戸がない?自分で取り付けるメリットとデメリットを解説

建売住宅には網戸がない?自分で取り付けるメリットとデメリットを解説

≪ 前へ|住宅ローン返済が厳しい状況…検討するべき不動産の任意売却とは?   記事一覧   コロナ禍でのマンション売却の動きと相場 売却需要の増加理由とは|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

建売住宅には網戸がない?自分で取り付けるメリットとデメリットを解説

最近の建売住宅には注文住宅に勝るとも劣らない、こだわりが詰まった物件が多くあります。
マイホームとして建売住宅の購入を検討されている方も多くいらっしゃるでしょう。
ただ、意外なことに建売住宅には網戸が付いていない物件も珍しくありません。
今回は建売住宅に自分で網戸を取り付ける場合について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

建売住宅の網戸はオプションである!

建売住宅は「人々が快適に暮らせる必要最低限の設備」という考えを基本とし、安い価格で住宅を提供しています。
そのため冒頭でも触れたように、建売住宅には網戸が付いていない物件がほとんどです。
「網戸は必須!」と考える方も多いでしょうが、そういった場合はオプションでの追加工事が必要です。

建売住宅に網戸を自分で取り付けるメリット・デメリットとは?

物件引き渡し後に生活していくなかで網戸の必要性を感じた場合、自分で取り付けることも可能です。
選ぶ網戸の種類にもよりますが、自分で取り付けをおこなえばオプションの追加工事で取り付けるよりも数万円の費用を節約できます。
また、取り付け時に窓の構造を理解できるため、少しくらいの不具合であれば自分で直せるようになり、メンテナンスにかかる費用も抑えられるでしょう。
しかし一方で窓の採寸から取り付けまですべて自分でおこなわなければならないため、想像以上の手間や時間が必要になるというデメリットも生じます。
また、建売住宅ではホームセンターなどでは販売されていない特殊サイズの窓を採り入れているケースも多く、そういった場合はオーダーメイドで注文せざるを得ないため注意が必要です。

建売住宅に取り付ける網戸の選び方とは?

一口に網戸といってもその種類や色はさまざまで、住まいの窓や望む効果によって適切に選ばなければなりません。
まず網戸本体を取り外さないまま防虫網のみを取り外せる「パネル網戸」は、一般的に引き違い窓に採用されます。
張り替えが簡単にできることが特徴であり、メリットです。
また、プリーツ式の「アコーディオン網戸」は玄関扉やスライディングドアへの利用が、ロールを上下して開閉する「ロールアップ網戸」はリビングやキッチン窓への利用がおすすめです。
また、ほこりや汚れを目立たせたくない方は白色、プライバシーを守りたい方は目隠し効果の高いグレー色、視界を妨げたくない方は黒色といったように、色ごとの効果や特徴を理解して選択することも重要になります。

まとめ

建売住宅を購入し自分で網戸を取り付ける場合には、自宅の窓の仕様やサイズにあったもの、かつ求める効果が期待できる色を選ぶことがポイントです。
とはいえ、自分での取り付けに不安がある方も少なくないでしょう。
そういった方は無理せず専門業者へ依頼し、プロの方にお任せすることをおすすめします。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、大阪府の土地情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住宅ローン返済が厳しい状況…検討するべき不動産の任意売却とは?   記事一覧   コロナ禍でのマンション売却の動きと相場 売却需要の増加理由とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る