掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/09/20

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の理由の具体例とは?理由を伝えるべきか迷った場合の対処法も

不動産売却の理由の具体例とは?理由を伝えるべきか迷った場合の対処法も

≪ 前へ|バス利用者におすすめしたい高槻市の市バスの利便性とは   記事一覧   住宅ローンの頭金援助を親から受ける際の注意点とは?|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

不動産売却の理由の具体例とは?理由を伝えるべきか迷った場合の対処法も

不動産を売却する理由は実に人それぞれです。
前向きな理由もあれば、売主としては伝えるべきか迷ってしまう理由であることも少なくありません。
不動産を売却した人がどのような理由で売却に至ったのか、さまざまな例と合わせて売却理由を伝えるべきかどうかの対処法もご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却理由の例にはどんなものがある?

資産整理を理由に不動産を売却した例

相続などで不動産を引き継いだものの住むことはないため、売却する例が増えています。
もともと空き家になっていて、手放すという売却理由も珍しくありません。
売却によって資産を現金化できたり、固定資産税から解放されたりするなども売却の目的でよくあるものです。
現金化したほうが、複数名での相続分配がしやすいといったこともあります。

住み替えを理由に不動産を売却した例

暮らしていると、もっといい住まいがあるのではないか、と思えて住み替えを考えることがあります。
最適な住居や環境を求めて住み替えを検討するとき、古い住まいの処分や買い替え資金とするために不動産を売却するのはよくあることです。

住宅ローンの返済を理由に不動産を売却した例

念願のマイホームを手に入れたものの、住宅ローンの返済が今後も続くことを考えると売却したほうがいいと考える人もいます。
収入や生活の変化により、住宅ローンの支払いが厳しくなったことが売却の理由となるケースや、ローンの返済を滞納してやむを得ず売却となる例もあります。

まとまった資金を得ることを理由に不動産を売却した例

まとまった資金が必要になったときに不動産を売却する例もあります。
老人介護施設の入所金を手に入れるために、不動産を手放すなども一例です。

ライフスタイルの変化を理由に不動産を売却した例

転勤や転職、転校など、ライフスタイルの変化が不動産の売却例になることもあります。
単身赴任にするか、賃貸に出すかなど迷った結果、売却を決める例も少なくないようです。

離婚を理由に不動産を売却した例

離婚にともなう財産分与で、不動産を売却する例も珍しくありません。
片方が不動産を引き取ることも可能ですが、住宅ローンの負担がかさむことを懸念して結局売却に至ることもあります。

不動産売却の理由を伝えるべきか迷ったときの対処法

不動産を売却する理由には、ポジティブなものもあればネガティブなものもあります。
特に迷うのは、ネガティブ寄りの理由で不動産を売却するときではないでしょうか。
しかし、どのような理由であれ、不動産を売却するときには売主の説明義務があります。
具体的には、不動産に瑕疵がある場合に売主の説明義務が発生します。
物理的・環境的・心理的瑕疵など瑕疵にもいくつかの種類があり、いずれにおいても売却理由を説明しなければなりません。
雨漏りやシロアリといった物理的瑕疵、騒音や日照問題などの環境瑕疵、さらにどう伝えるべきか悩むのが自死や事故死といった心理的瑕疵のある不動産です。
とはいえ、物件と直接関係のないプライベートな事情までは売主に伝える義務はありません。
プライベートを知られない程度に不動産の売却理由を伝える対策としては、信頼できる不動産会社に相談するのも一案です。

まとめ

不動産を売却する理由はさまざまですが、売主には買主に理由を説明する義務があります。
売却理由をどのように伝えるべきか迷ったら、経験豊富な専門家へ相談するのがおすすめです。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、大阪府の戸建て物件情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|バス利用者におすすめしたい高槻市の市バスの利便性とは   記事一覧   住宅ローンの頭金援助を親から受ける際の注意点とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る