掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2021/09/20

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 家に「テラス」があるとどんな意味がある?メリットとデメリットは?

家に「テラス」があるとどんな意味がある?メリットとデメリットは?

≪ 前へ|住宅ローンの頭金援助を親から受ける際の注意点とは?   記事一覧   モデルハウスご紹介★|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

家に「テラス」があるとどんな意味がある?メリットとデメリットは?

「テラス」と聞くと、どんな設備をイメージするでしょうか?
ちょっとお洒落で素敵なイメージでしょうか?
家の設備のひとつには違いないのですが、バルコニーやベランダとの違いやテラス自体の意味が分かる方は意外と少ないのではないかと思います。
そこで今回は「テラス」に注目し、テラスとはどのような設備なのかその意味について、また、テラスがある家のメリットとデメリットについてもご説明したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

家にテラスがある意味とは?テラスとはどのような設備なのか

テラスとは、家の外部分にある地面よりも一段高くなっているスペースのことをいい、掃き出し窓や扉などによって家の内部からテラスへ、庭がある場合はテラスから庭へとつながっている場合が多いです。
通常、テラスは一戸建ての1階部分や専用庭のあるマンションの1階部分につくられ、床面はコンクリートやウッドデッキ、レンガやタイルなどさまざまなバリエーションがあり、屋根が付いているものもあります。
ちなみによく似た家の設備に「バルコニー」や「ベランダ」がありますが、これらは2階以上に設置される設備で、テラスは基本的に1階部分に設置される設備とされています。

家にテラスがある意味とは?メリットとデメリットはどんな点?

では次に、テラスがある家のメリットとデメリットについて見てみましょう。
テラスのメリットとして、家の中から外へとつながりを持たせることができ、段差がない場合にはさらにスムーズにつながりのある広い空間を作ることができるという点があります。
床もコンクリートやタイル、ウッドデッキなどで仕上げてあるため、土のままよりもお手入れの面で使い勝手がいいでしょう。
テラスに椅子やテーブル、屋外用のソファなどを置けばお洒落なアウトドアリビングとしてホームパーティを開くのに最適。
子どもたちの遊び場やゆっくりとした時間を過ごすカフェスペースなど、さまざまな活動に使える多様性に富んだスペースである点もメリットと言えます。
一方で、テラスの素材によっては暑いと感じやすかったり、劣化のスピードが速くメンテナンスに手間も費用もかかったりする場合があるというデメリットがあります。
耐久性の高い素材にするのも一つの対策ですがその分さらに費用がアップするかもしれません。
また、テラスは家の基礎の外側につくるため地盤の整備がおこなわれていない場合もあり、施工によっては地盤沈下を引き起こす可能性があるというデメリットもあります。

まとめ

今回は家の設備の中から「テラス」に注目し、テラスの意味やメリットとデメリットについてご紹介しました。
さまざまな用途に活用できてお洒落な雰囲気にもなるテラスのある家は、お庭に凝りたい方にとってもおすすめの設備です。
デメリットについても考えたうえで、テラスの設置を検討してみてはいかがでしょうか。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、大阪府の戸建て物件情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住宅ローンの頭金援助を親から受ける際の注意点とは?   記事一覧   モデルハウスご紹介★|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る