掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2022/07/04

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 戸建て住宅を購入するなら知っておきたい吹き抜けのメリットと注意点

戸建て住宅を購入するなら知っておきたい吹き抜けのメリットと注意点

≪ 前へ|不動産を購入するなら知っておきたい!返済負担率について解説!   記事一覧   離婚によって任意売却するメリットとデメリットとは?注意点も解説!|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

戸建て住宅を購入するなら知っておきたい吹き抜けのメリットと注意点

吹き抜けとは、1階から最上階まで天井が同一であり、縦に空間のつながった間取りのことを指します。
おしゃれで開放感のある吹き抜けですが、具体的にどのようなメリットがあり、間取りを決める上でどのような注意点があるのでしょうか。
今回は、戸建て住宅の購入を検討する方に向けて、吹き抜けを設けるメリットと注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅を選ばない?戸建てに開放感をプラスする吹き抜けのメリットとは

天井を吹き抜けにすることで、具体的に次のようなメリットがあります。

開放感のある空間に

開放感が生まれるという点は、吹き抜けの最大のメリットです。
天井が高くなると、縦の空間が広がり、室内にいても開放的に感じられるでしょう。
視覚的にも広く感じられるようになることから、狭小地の戸建て住宅など、スペースが限られている住宅では取り入れたい間取りです。

自然採光と明るい室内

吹き抜けのある住宅では、2階以上に大きな窓を設けることが一般的です。
そうすることで、日の光を室内に取り入れられ、部屋全体がやさしい自然光で満たされます。
電気代の節約としても有効な手段となるでしょう。

空間同士がつながる住宅に

住宅内の空間が縦につながることで、家族同士で声が聞こえやすく、また顔が見やすくなります。
家族間のコミュニケーションがとりやすくなり、家族との距離が近くなる点もメリットといえるでしょう。

戸建てで気を付けたい吹き抜けの意外な注意点

このようにさまざまなメリットのある吹き抜けですが、次のような注意点があります。

床面積が限られてしまう

吹き抜けをつくると、2階以上の階層で床面積が狭まってしまいます。
部屋数や収納スペースにこだわりがある場合は、十分なスペースがとれるかどうか購入前に検討しておく必要があるでしょう。

冷暖房などの光熱費に注意

吹き抜けのある空間では、冷房や暖房などの効率が悪くなってしまうという欠点があります。
シーリングファンの採用や床暖房などの設備があれば安心です。

メンテナンスや掃除の手間

高い位置の照明や、窓の手入れや掃除がしづらい点も注意しておきたいポイントのひとつです。
掃除用の足場や専門業者への依頼費用なども事前に考えておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、戸建て住宅の購入を検討する方に向けて、吹き抜けを設けるメリットと注意点をご紹介しました。
吹き抜けは、良い部分もあれば、注意しておきたいデメリットもある間取りです。
家族の暮らしに合っているかどうか、快適な暮らしができるかどうかを事前に考えておくことをおすすめします。

************************************************************************

私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、

大阪府の土地・戸建て物件情報を多数取り扱っております。

中古住宅でも安心、弊社のホームインスペクションをご利用くださいませ。

リーズナブルで顧客満足度の高い注文建築(モデルハウス公開中)

リノベーションなども得意としております。

売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください♪

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を購入するなら知っておきたい!返済負担率について解説!   記事一覧   離婚によって任意売却するメリットとデメリットとは?注意点も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る