掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2022/10/03

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 離婚によって任意売却するメリットとデメリットとは?注意点も解説!

離婚によって任意売却するメリットとデメリットとは?注意点も解説!

≪ 前へ|戸建て住宅を購入するなら知っておきたい吹き抜けのメリットと注意点   記事一覧   古家付きの状態での不動産売却!どんなメリットとデメリットがある?|次へ ≫
カテゴリ:ノウハウブログ

離婚によって任意売却するメリットとデメリットとは?注意点も解説!

離婚する際、マイホームに住んでいた場合、家も財産分与の対象です。
家の財産分与には、どちらかが住み続けて一方は現金を受け取る方法と、任意売却によって現金化した後、夫婦で分け合う方法の2つがあります。
今回は2つの手段のうち、任意売却によって財産分与する際のメリット・デメリット、タイミングや注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

離婚によって任意売却をするメリットとデメリットとは?

離婚に伴う任意売却には、メリットとデメリットがあるのです。
まずメリットとは、住宅ローンの一括返済ができない場合でも売却できる点にあります。
通常の売却であれば、残ったローンの一括返済が必須ですが、任意売却の場合は返済できない場合でも売却できるのです。
また、競売よりも高く売却できる可能性があったり、売却で得た費用をローン返済などに充てられたりといったメリットもあります。
反対に、任意売却には一定期間ローンが利用できなくなったり、ローンの返済義務が残ったりするデメリットもあります。
さらに、競売と違って通常の仲介による売却となるため、スムーズに売れるとは限らない点はデメリットと言えるでしょう。

離婚によって任意売却をするタイミングはいつ?

任意売却で家を処分するタイミングは、いつが良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。
任意売却の時期は、離婚前がおすすめです。
家が夫婦共有名義になっている場合やローン返済の連帯保証人になっている場合、離婚後も連絡を取り合わなくてはならないため、離婚前に済ませてしまうことで精神的な負担を負う期間が短く済むメリットがあります。
しかし、任意売却自体は離婚後にゆっくりおこなうこともできます。
そのため、離婚前は精神的な余裕がなくて家のことまで考えられないという場合は、気持ちが落ち着いた離婚後にするという選択肢もあるのです。

離婚で任意売却をする際の注意点とは?

離婚で任意売却をする場合、二人で協力して手続きを進めなければならないという注意点があります。
たとえば家が共同名義だった場合や連帯保証人として名前を連ねている場合、離婚後もお互いに連絡を取り合わなければ手続きが進められません。
そのため、離婚後に手続きをする場合、相手が音信不通になってしまって売却できないという事態にも気を付ける必要があります。
また、家を売却してもローン返済の義務は残るため、その点にも注意が必要です。

まとめ

離婚に伴う任意売却には、さまざまなメリットとデメリットがあります。
また、手続きのタイミングによっては精神的な負担が増すケースや、相手と連絡がとれなくなるなどの注意点もあるのです。
任意売却の際は、負担とリスクの度合いを見極めながら手続きする必要があります。

************************************************************************

私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、

大阪府の土地・戸建て物件情報を多数取り扱っております。

中古住宅でも安心、弊社のホームインスペクションをご利用くださいませ。

リーズナブルで顧客満足度の高い注文建築(モデルハウス公開中)

リノベーションなども得意としております。

売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください♪

弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|戸建て住宅を購入するなら知っておきたい吹き抜けのメリットと注意点   記事一覧   古家付きの状態での不動産売却!どんなメリットとデメリットがある?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る