掲載物件数:
0000
本日の更新:
0000
会員限定:
0000
最終更新:
2022/06/29

CONTACT

高槻の不動産はリッツハウジング 高槻店 > リッツハウジング株式会社 高槻店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入では構造に注目!鉄筋鉄骨コンクリート造とは?

不動産購入では構造に注目!鉄筋鉄骨コンクリート造とは?

≪ 前へ|不動産購入前に知っておきたい「スマートハウス」とは何?   記事一覧   マンション購入時の挨拶回り!ご近所に挨拶回りをすべき理由と注意点とは?|次へ ≫

不動産購入では構造に注目!鉄筋鉄骨コンクリート造とは?

不動産購入の条件には価格・間取り・立地などがあり、その基準は不動産の購入を検討される方によってさまざまです。
ただし、いつ地震に見舞われるかわからない日本においては、建物の構造も重視されるべき条件ではないでしょうか。
頑丈なお住まいを探すには、その構造にも着目しなければなりません。
そこで今回は、不動産購入にあたって鉄筋鉄骨コンクリート造を選ぶメリットとデメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入において鉄筋鉄骨コンクリートの構造を選ぶメリット

鉄筋鉄骨コンクリート造は、鉄骨の周囲を鉄筋とコンクリートで覆うことで補強する構造です。
鉄筋とコンクリートの特徴を両方活かせるため耐震性が高く、大震災レベルの揺れにも耐えられるという特徴があります。
「SRC造」と呼ばれることもあり、タワーマンションなどでよく見られる構造です。
似た構造に鉄筋コンクリート造(RC造)がありますが、これだと重量を支えきれないので、高層ビルや広い建築物にはあまり使われません。
鉄筋鉄骨コンクリート造のメリットは、柱がなくて広く開放的な空間を作れたり、超高層ビルの建設も可能になったりすることです。
また、防音性にも定評があります。
床や壁がぶ厚いコンクリートになっているため、隣や上下からの生活音や振動はほとんど気にならないはずです。
耐火性が高いことも、不動産購入で鉄筋鉄骨コンクリートを選ぶ理由の1つとなるのではないでしょうか。

不動産購入において鉄筋鉄骨コンクリートの構造を選ぶデメリット

鉄筋鉄骨コンクリートには構造上のデメリットも存在します。
まずは、工程が複雑になるために工事が長期化し、建設コストが余計にかかるということです。
鉄筋コンクリートの中に鉄骨を入れるため、建設するだけでも大変手間がかかります。
さらに、重量のある建物を支えるためには地盤の強化もしておかなければならず、そうなると不動産としての価格も当然高くなります。
また、頑丈であるのは良いのですが、その分壊しにくいという特徴もあるので、将来的に増改築を考えている方はご注意ください。
鉄筋鉄骨コンクリート造は、建物全体がコンクリートで覆われているため、気密性が高いという特徴もあります。
コンクリートで覆われていることによって防火性は上がるのですが、同時に気密性も高くなってしまうと通気性が良くないため、カビや結露が発生しやすくなります。
実際に鉄筋鉄骨コンクリート造の建物で暮らす場合は、何らかの対策を施さなくてはならないでしょう。

まとめ

不動産購入で鉄筋鉄骨コンクリート造を選べば、耐震性が高いため地震のときも安心です。
柱のない開放的な空間を作れ、防音性が高いので音を気にせずに生活できます。
しかし、工程が複雑化した分、建設コストがかかるうえに、気密性によって結露やカビの心配があることも覚えておきましょう。
私たちセンチュリー21リッツハウジング高槻店では、大阪府の土地情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入前に知っておきたい「スマートハウス」とは何?   記事一覧   マンション購入時の挨拶回り!ご近所に挨拶回りをすべき理由と注意点とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る